新築を長持ちさせる方法

ホームへ戻る >  建築物の耐火材料について  > 新築を長持ちさせる方法

新築を長持ちさせる方法高いお金をかけて建てた新築ならば、長いこと住んでも劣化しないような家が理想だと言えます。どんな建物でも経年劣化は避けられませんが、それでも最初の建築工事しだいでは、長持ちをしてくれることも考えられるのです。それには業者の技術が必要になってくるのですが、素人ではその見分け方はわかりようがありません。そこでポイントになってくるのが、新築を依頼しようと考えている住宅メーカーなり業者なりが建てた家で、10年以上経過している物件を見せてもらうことです。

知人、友人に同じ業者に頼んだ人がいれば、建築年数を聞くことも忘れないようにしなければいけません。そして、実際に中を見せてもらって、不都合が出て来ていないか、劣化が進んでいる箇所はないかなどを教えてもらうのがいいでしょう。劣化しやすい箇所などは、設計の際にこちらから注文を出すなどして対策を講じることも可能だからです。また、知人、友人に同じ業者に頼んだ人がいない場合でも、人づてに聞いた物件があれば外観だけでも確認しておくのがいいでしょう。ひび割れや、色落ちなどを確認しておくのです。


モデルハウスや新築の見学会では、使用した場合の耐用年数はわからないので、やはり実際に使った後の状態を確かめるというのも大切なことなのです。新築依頼の相談の際に、新しいものでなく10年以上住んでいる物件を見てみたいと申し出てみるのもいいかもしれません。そこで、本当に見せてくれるような業者ならば、品質に自信があるのだと考えてもいいのではないでしょうか。