足場板について

ホームへ戻る >  マイホームのための土地探し  > 足場板について

建築現場などにおける足場において、安定性を確保するために金属板を敷くことになります。素材としてはアルミのものもあれば鋼鉄製のものもあり、建築物の高さや用途などによって使い分けられます。種類も1枚ずつの足場板を金具(クランプ)で連結して利用するものや、板の中にもう一枚同じものが入っており、伸縮させることが可能なスライドタイプもあります。


基本的には足場板は単品で利用することはほとんど無く、大量の枚数を連結して使用することになります。そのため、足場の確保と言うだけでも大きなコストがかかることから新品の販売のみならず、中古板の販売も多くされているようです。

特性としては、鉄製のものは強度を確保できる分、重さが際立ち、設置に手間がかかるため、高層ビルなどの大きな建築物に多用される傾向があり、アルミ製のものは低層住宅から中層住宅で主に利用され、強度こそ鉄製よりは劣りますが、軽く設置が容易なこと、コストも抑えられる点が強みとなっています。


また、数こそ少なくなりましたが、作業形態によっては杉を利用した木製の足場が使われる場合もあります。以前ではこちらが主流でしたが、最近はアルミ製、鉄製が主流となっており、木材は、金属製の物を使うのが難しい日本家屋などの改修などで利用されることが多くなっています。


どちらにしても十分な強度を確保していますが、それぞれの板で特性やコストが変わってくるため、現場に合わせて使い分けをされるのが一般的となっています。