不動産投資のメリットデメリット

ホームへ戻る > 不動産投資のメリットデメリット

土地のその他の活用法
一戸建てにおけるスイッチへの配慮
住宅ローンの返済プラン
デザイナーズ住宅の分譲
賃貸物件の間取りについて

不動産投資は、長期的に安定した収入を得られるということで人気が高まっているものです。物件を自分で所有することで資産運用をする方法のほか、証券として投資するなどの方法もあります。いずれにしても大きな利点と同時に、リスクもまたあることを知っておかなければいけません。とくに自分自身で不動産を購入して、マンションやテナントビルとして運用しようと考えている人は、ハイリスク・ハイリターンであるという覚悟も必要だということです。


まず不動産投資の魅力としては、賃料収入を得られることだと誰もが考えるでしょう。そのほかの資産運用方法の投資先に比べて、長期間にわたって利益をあげることができ、安定しているというのが利点です。また、長い期間にわたりマンション経営などを続けると、所得税や相続税、固定資産税などに対する節税効果も出てくるのです。ほかにも、ローンを組むことで、自己資金よりも大口の投資先を得られるという魅力もあります。ですから不動産投資には、大きなメリットがあると考えられているのです。

しかし、前述のとおり、ハイリスク・ハイリターンであることを頭に入れておかなければいけません。まず不動産投資に大きく影響してくるのが、経営手腕です。自分自身で物件を所有して経営をしていくならば、空き室の増加などによって大幅な赤字を出してしまうことも考えられるのです。また、建物の老朽化は避けられない問題ですし、地震や火事といった自然災害のリスクも負わなければいけないのです。