住宅ローンの返済プラン

ホームへ戻る >  不動産投資のメリットデメリット  > 住宅ローンの返済プラン

住宅ローンは、個々に返済期間が異なってきます。借り入れる額によっても異なりますが、25年や30年、最長で35年ローンを組むことができます。長い間返済する事になるのが住宅ローンですので、できる限り早めに返済を終えてしまうに越したことはありません。頭金を多く用意したり繰り上げ返済をするなどして、利息で取られる分を最小限に抑える事ができます。返済プランをしっかりと立てることが大切なのです。


だからといって、返済期間が少なければ良いかと言えば一概にはそうだとは言い切れません。なぜなら、返済期間が短い住宅ローンは、毎月の支払額が大きくなってしまう可能性があります。働けど働けど自由に使えるお金がなく生活苦になってしまったらせっかくのマイホームの購入が後悔に代わってしまうかもしれません。また、返済期間が長くなれば、返済するための負担率が軽減されるというメリットがありますので、金融機関の審査にも通りやすくなることもあるのです。

仮に、返済期間を長く設定されていても繰り上げ返済などをしていけば利息も余分に取られる事もないですし期間を短くすることもできます。ですが、始めから短い住宅ローンを長期返済に変えるという事はできません。ですから、長めに返済期間を設けておいて、余裕がある生活を送りながら繰り上げ返済をするお金を貯めていく方が賢い選択ではないでしょうか。月々の返済金額で考えるのではなく、何十年と言う長いスパンで返済を考える必要があるのです。