賃貸経営について

ホームへ戻る >  がんの統計  > 賃貸経営について

賃貸経営というのは、いわゆる不動産投資のことです。購入した物件に住むのではなく、それをほかの人に貸し出して収入を得る方法です。ワンルームマンションの1室を購入して貸し出すことも、所有している土地にマンションを建てて入居者を募集することも、どちらも不動産投資だと言えるでしょう。その魅力は、長期間にわたって安定した収入が見込めるという点です。証券や株に比べてもリスクが少なく、銀行に預けるよりも利益が上がるものとして注目されているのです。


そして、賃貸経営をする目的としては、ただ単にお金を増やすというものだけではありません。それを老後の年金代わりとして活用したり、節税対策として利用したりすることもできるのです。働いているうちに物件を購入したり建てたりしておくことで、ローンを払い終わった後は、家賃収入のすべてが自分の手元に入ってくるようになるのです。家賃をローン返済にあてるのではなく、働いているうちに返してしまうことがポイントになります。

また、賃貸経営の節税対策については、減価償却期間が過ぎたあとは経費に組みこむことで所得税を抑えてくれる効果が期待できるのです。定期的にメンテナンスをしていけば、長く運営していくことが可能になるので、公的年金のほかに、もう1つ私的な年金として用意をしておくことができます。そうすれば、安心した生活を送ることができるというわけなのです。また、住宅ローンを組んでおけば、団体信用保険が付いてくるので、途中で不測の事態があっても物件は家族の手元に残すことができるのです。