宅配水の採水地は大切

ホームへ戻る >  がんの統計  > 宅配水の採水地は大切

水道の水の不安や東日本大震災での福島第一原発の放射能漏れ事故で、水への安全意識が高まっています。一般の家庭でもウォーターサーバーをレンタルすることが多くなったのが、その表れでしょう。やはり、多くの人は安全で安心な水を求めているので、ウォーターサーバーを使う宅配水はその考えに合ったサービスなのです。


ウォーターサーバーをレンタルすると、水が届けられるのですが、水の種類は大きくわけて「天然水」と「ピュアウォーター」のふたつがあります。天然水は、ミネラルウォーターとよばれ、採水した状態にできるだけ近い水です。バナジウムなどのミネラルが豊富に含まれています。


天然水は採水地がどこかというのも大切です。ミネラルが豊富に含まれていて健康によいといっても、放射能漏れのあった地域の近くの水では、やはり不安で飲むことはできません。

ウォーターサーバーをレンタルしている宅配水業者は、採水地にもこだわっています。最近では東日本大震災の影響を考えて、関東や東日本ではなく、西日本で採水された天然水を使うことが多いようです。また、ハワイをはじめとする海外で採水された水も多く出回っています。いずれにしても、放射能漏れの影響がなく、安心して飲める水であることは間違いありません。


インターネットの宅配水業者比較サイトや口コミサイトでは、どこの採水地の水かという情報もありますので、採水地の安全性にこだわって宅配水業者を選びたい人は見てみることをおすすめします。